ブロックチェーンとコミュニティ

製品が成長し発展していくために、優れたユーザーコミュニティが重要であることは言うまでもありません。すべてのネット商品がコミュニティ内でのユーザー間の「つながり、帰属意識、価値」を生み出すにはどうすればよいか頭を悩ませています。多くの製品は、コンテンツやソーシャルメディアなどを使ってユーザー同士の交流を促進し、コミュニティを通じてプレイヤーをつなぎ、豊かなユーザーエコシステムを構築しています。

スピーディーなコンセンサスでユーザーと利益を共有

 ブロックチェーンのコミュニティには、現在主流となっているプルーフ・オブ・ワーク(POW)やプルーフ・オブ・ステーク(POS)などの活用できる管理方法はすでに存在しています。そのため、ブロックチェーンコミュニティがオリジナルのインセンティブ制度を構築し、スマートコントラクトによってその発行と分配をコントロールすれば、ユーザーとコンセンサスをすぐに得られ、プロジェクトのエコシステムとユーザーの貢献を結びつけることができます。このようなインセンティブ制度によりコミュニティは間違いなく活発になるはずです。

 プロジェクトの利益はユーザーの利益と強く結びついているため、ユーザーはコミュニティに参加するだけでプロジェクトの一員にもなれます。誰もがプロジェクトのユーザーであり、ビルダーであり、オーナーなのです。ブロックチェーンコミュニティの管理は、ユーザー間の自発的な協力によって成り立っており、それがプロジェクトを推し進めていきます。

UGCを促し、新たな商品価値を生み出す

 ブロックチェーンコミュニティのUGCは、自由でフェアです。ユーザーそれぞれがコミュニティオーナーになるため、プロジェクトのエコシステムにとって価値があると思えば、その発想を膨らませられます。そして、その価値がコミュニティにとって高ければ高いほど、メンバーによって決められたインセンティブ制度によりたくさんの報酬を得られます。誰もが自分自身のリソースを発揮することで、唯一無二のコンテンツを作り出し、ユニークな商品価値を生み出すことができるのです。将来、コミュニティのメンバーが各領域で試していることが新しい商業エコシステムへと繋がり始め、コミュニティと価値のコンセンサスはますます拡大していくことでしょう。

最終更新