SGEM
検索…
技術紹介
 『SGEM』チームは2018年にプロジェクトを構築する際に、イーサリアムを選択しました。1つの理由として、イーサリアムには世界中に多くのDApp開発者がいて、技術水準やサポート体制も確立しており、成功した応用事例もあったからです。また、イーサリアムを基本プロトコルとしてすべてのアプリをその上に構築できただけでなく、インタラクティブで柔軟な特徴ゆえに『SGEM』のコンセプトとデジタル資産の設計が実現できたという点もあります。今のところ、イーサリアムは最も安定しており、広く採用されているブロックチェーンのプロトコルの1つであり、多くの開発者やプレイヤーに検証されサポートされているため、安全性が高いと言えます。
 『SGEM』でブロックチェーン技術は、主にデジタル資産の所有権を記録し、所有者がデジタル資産を制限なく譲渡、販売、使用できるように使われています。現在、『SGEM』プロジェクトには以下のブロックチェーンのルールがあります。
・ERC-20規格は主に基本トークンOREと特定の金属鉱石の製造、保存、取引に使用されます。
・ERC-721、ERC-1155規格は、主に宝石NFTやその他のアイテムNFTなどのデジタル資産の生成、保存、取引に使用されます。
リンクのコピー